来月は6回も夜勤がある・・・マンダリンオリエンタル東京&ザ・リッツ・カールトン東京 アフターヌーン

2016年05月30日

通院記録。他人と比べることの無意味さ。



今回の診察では、障害者枠にしたという思いを伝えたこと、
それでも、自分が求めていることが
障害者雇用ではないかもしれないということ、
現場の上司もどうすればいいかわからないと


一応人事には障害者枠にしたいという気持ちは伝えた。
そもそも、今の部署でいいのかどうかっという話になるとは思わなかった。
なんだか自分のこと考えるのがしんどいという気持ちを伝えた。



多分私がやりたいことは障害者雇用の範囲ではない。
今まで通りやりたいと思うし。
でも、長く雇用は続けたいから、障害者雇用のほうがいいのかなって思った。
その気持ちが勝った。
でも障害者雇用で、今の部署で負担が減るのか・・と
言われると、この部署で、今のチームじゃなきゃ辞めますって話にもなってしまう。


先生は

障害者雇用といっても
自分の中ではこういう仕事をしたい、させてもらいたいと伝えてみてもいいと思う。

内容で決めるのはどうかなぁ。。
先生からはアウトもセーフもないけど、
自分がちょうどよくこなせる仕事量を見つけてほしい。


やりたい、やりたくないことも1つ。
今までの仕事内容振り返ってもらって、
こういうオーダーが難しいとか、
こういう状況では混乱するとか、
具体的に考えてみたらいいのでは?

でも、できないことをやらないとしたら、
できることがどんどん減っていく。
自分のモチベーションの保ち方は?
他人と比べることのしんどさは?

もし、やらなくていいよって言われても、
その間に、他の子ができるようになっていくのはどうだろう。

もちろん、それも見極めてもらって、
障害者雇用スタートの時点では、整理整頓して、吟味して外すだろうけど、
そこで、外したものは
この先ずっとやらないわけではないと思う。
やらなくていいと言われるわけじゃないと思う。

まずは優先順位が高かったり、
これをやってほしいというものをやって
できるようになればステップアップしていけばいいだけ。

それは他人と比べたら落ち込んでしまうよ。
でも、他の人と比較するのはマイナスしかない。
でも永遠とやっていたら
いつまでたっても前向きになれないから気づくのが課題。

うまく他人と切り離して
自分のできるようになるステップアップを評価してあげたらいいよ。
他人のできるできないに足をひっぱられないことだねぇ。

それをちゃんとできるようになれば
障害者雇用で制限されてしまうことも
マイナスに思わないのではないか?


他の人と差はついちゃうけど、
みんなと同じ仕事をしていて、
辛くなったり、しんどくなって調子崩すんだから、
自分は無理なく出来る環境を作れるんだというのはどう?


でも、それって周りにも配慮してもらうってこと。
他人がどう自分をみるかということよりも
自分が、どう思って何を選択するかのほうが大事。
辛いのを誰は代わってくれないよ。

あれも嫌、これも嫌と思うだろうけど、
天秤にかける重さは違うと思う。
他の人からみて・・・っていうのはそんなに重くないはず。
自分の気持ちを重く感じて欲しい。

そういわれて重いよー。
他人からみられる視線、軽蔑、偏見、
全部全部全部重いよ。
本当にとってもとっても重いんだよって言いそうになった。。。

だって週5で働く人なんだよ?
みんながみんな優しくしてもらえるわけじゃないし。


・・・って思ってしまう。

そんな自分が間違っているんだろうか。
自分ができなくてしんどい気持ちより、
相手に迷惑かけてしまうことが、しんどい。
自分が楽しく仕事をできることよりも
相手からの視線や偏見が気になる。


2016-05-11-11-10-20


絶対に美味しいーーー!!


問い合わせはこちら

ブログランキングに参加させていただいています♪



 

 





sakurasaku1009 at 15:00│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
来月は6回も夜勤がある・・・マンダリンオリエンタル東京&ザ・リッツ・カールトン東京 アフターヌーン