今後どうしようが辞めたいになり、辞めるという噂。社会の歯車に入っていることを忘れていた

2017年05月31日

カウンセリングよりも大切なこと。


自分の話を聞いてくれる人が欲しい、
しんどいときに受け止めてくれる人が欲しい、
そう思うものの、
カウンセリングは未だに決められていません。
やはり、長い継続が必要だと思うので、
経済的な問題と、
また0から人間関係を作るのが怖いという逃げ。

そして、
私は仕事のことで話を聞いてほしい時もあるから、
なんだかあまりカウンセリングっという感じではないなぁっと。

でも、上司が、本当にお話しをしっかり聞いて、
自分の意見をズバッというから、
それによって、
ちゃんとすっきりする自分もいるから、
なんだかんだ、カウンセリングが必要だなと思う。

そんなことも相談した。
落ち込んだ時に話を聞いてくれる人が欲しいと。




ねぇ、
何で落ち込むのか考えている?

→ミスがあったり迷惑かけたから。

何でミスするの?

→間違えてしまったから。

何で間違うのかを考えてる?
それを考えないと
カウンセリングの意味ないよ?

あなたは落ち込んだ時の対策方法ばかり考えているけど、
間違わないようにすれば
落ち込まないんでしょ?
何で間違わない方法を考えないの?

1、間違った。
2、落ち込んだ。
3、逃げたくなった。(リスカ、OD,寝逃げ、過食等々)
4、死にたくなった

あなたは2のことを考えてばかりいいるけど、
一番最初の1の傷からでてきたんだから、
治ってないのに、
そこばっかり、治そうとして
バンドエイド貼っていても
膿んでいるとこを治さなかったら
治ってないじゃん。

何で、表面だけをちゃんと綺麗にしようとしているの?


もし
自分だったら、
間違いをしなくなるにはどうしたらいいかを考えて、

ミスをしないようにする。
そしたら、傷にもならない。

落ち込んでいるところを一生懸命、
カウンセリングや医療者が
支えてくれたって、
あなたは何度もミスを起こして落ち込むよ。
だって根本的に治ってないんだもん。

それじゃあ、その人たちが疲れちゃうよ。
落ち込んでいる部分を好きな人たちに
慰めてもらう、支えてもらうよりも、
膿んでいる部分をよくするのが、
最優先じゃないの?

そんなことばかりしてたら、
膿みが治らなくて、ずっと心が晴れないよ。
カウンセリングは1つのツールだけど、
それだけじゃ絶対によくならないと思う。
振り返って根本的な原因を考えなかったら、何も変わらないと思うよ。

考えてこそ、
傷を早く治してくれる材料の1つが
カウンセリングや医者じゃないの?

カウンセリングを受けようと思うのは
1歩進んでいるし、
抱えている悩みや闇を向き合おうとしているのは
いいことだと思うよ。

でも、仕事のことは別。

仕事のことなんてカウンセラーがわかるわけない。
仕事のことはやっている人に聞くのが一番だよ。
何で誰にも相談しないの?
あなたが人に心開いてないで聞かないんだから、
そりゃあ、相手も心開かないよ。。
あなたがもっと心開く努力も必要なんじゃないの?
必要だと思うんだったら、
少しでも切り開いていく勇気も必要なんじゃないの?






話を聞きながら、
いつも、死にたい時に話を聞いてくれる人が、
しんどい時になんでも話せる人がいたら…と思っていて、
その時に、リスカだったり薬ではなく、
きちんとどうプラスに考えが向けるか
ということを教えてくれるような人がいたら。
そう思ってカウンセリングを求めていた。

でも、大事なのはそこじゃないんだなっと思った。
なぜ、死にたくなるんだろう。
なぜ、人を傷つけてしまう(振り回せてしまうんだろう。)

そういう原点がとてもとても大事なんだと思い、
なんだか自分の中で、
凄くカウンセリングのずれがあった。

しんどい時に話を聞いてもらうことを前提にしてた。
10年以上精神科に通う私からしたら
先がみえない、継続的に・・・とお金が必要になると思ってしまっていた。

でも、本当はもっともっと生きやすくなるためのもの。
最初からしんどい、死にたいと思わなくなるためのもの。

私が、泣きそうになると、

こんなに厳しいこと言う人は
あとにも先にもいないと思う。
でも別にあなたを嫌いで言っているわけではないから安心してね。

と言ってくださり、
本当、もうこんなズバリといい、
なおかつ私を納得させてくれる人いないなぁ・・と感じた。


2017-05-21-18-16-33


まだまだ頑張れそうかな。

メッセージはこちら


ブログランキングに参加させていただいています♪



 

 



sakurasaku1009 at 18:00│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
今後どうしようが辞めたいになり、辞めるという噂。社会の歯車に入っていることを忘れていた