通院記録*訪問薬剤師・・?多様化する薬物依存者への対応精神保健福祉士との面談。*訪問看護について。

2017年06月30日

通院記録*どうやって通院の間隔を開けていくか。


薬の処方があるので、
一か月以上は診察が開けれないのもわかっていますが、
なんだか私の会社は
それさえもわかっていないのかも・・・?(そりゃあ知らないよね)

それと一緒に、
なんだか訪問看護士の話などもらうと、
どんどん焦ってしまう。
この仕事をしていて、治療に繋がっていくのもかもわからないし、
今は逆にそんなことも思えないほど、
仕事が負担になっていると感じることもある。

でも、今の仕事をしている前も安定してなかった。と
よく先生には言われる。。
そうかもしれないけど・・・
なんだかね・・。

ひゃーー悪化しているのでは?と焦りが。
(でも、上司に言わせると、
治す気があるのかな・・と思うとのこと。)




仕事がプラスになるのかな・・?と簡単に悩むけど、
簡単な問題ばかりだったら苦労しないけど、頭も良くならない。
難しい問題を解くのは大変だし、間違いもでるけど、
復習すれば頭良くなるよね。成績もあがるし。
今は難しいテストに挑戦しているということに
例えられると思う。

しんどさもあって、悩むことも多いけど、
そのおかげで、成長するし、成長しているんだろうなぁっと思っているよ。


病院も、もちろんいつかは間隔が開くと思うし、
0にすることも、目標として掲げている、
薬もなくなると思うけど、
今すぐ間隔開けましょう。一か月に一回でいいよとは言えないし、
会社側にも少し動いてもらいたいところがある。

調子整えるということを最優先にするんだったら、
仕事の時間を定時するのも大きなポイントだけど、
でも、自分だけが夜勤やらないのは・・・という恐怖もあるでしょう?
色んな都合、気持ちの中でやりくりしていて葛藤があるんだよね。
引き続き、今の職場の中で、
どうやっていくのがいいのか・・・?と
模索していくのが必要になると思います。

どこまで対応してもらえるのでしょうか?
と会社に、聞いてみるのが、先なんじゃないかなぁ。

確かに会社からみても、
薬が毎回変わるわけではないし、
アドバイスをちゃんとできているわけではないし、
真面目な話、
あなたが一番、病院に行くということに
意味を見出しているんだよね。


裏を返せば、
自分で自分をコントロールできて、
自分で自分を支えてあげる、褒めてあげることができるようになれば、
絶対に通院の間隔は開くと思います。






先生・・・それは長い道のりです。
そんな未来がみたら、このブログはかなり読んでくださっている人にとっても
プラスな情報もあるのでしょうか・・・笑

2017-06-06-17-55-28


今、注目を浴びている・・・?
マッシュルームポタージュ味。
なんだかラーメンというより、パスタ。
セブンでラス1で、SNSで美味しいと書いてあったのを何件かみましたが、
私はもっとラーメン!っていうのが好きです。笑

メッセージはこちら


ブログランキングに参加させていただいています♪



 

 





sakurasaku1009 at 18:00│Comments(2)

この記事へのコメント

1. Posted by 北澤 治子   2017年07月01日 00:35
5 いつも 拝見させて もらっています
Dr.の 答えに 不安や迷いを感じて おられるようでしたら 市役所や地域の
福祉課で 専門の方に 相談されて
みるのも 良いのではないでしょうか?
せっかく 障害者枠で お仕事されて
いるのに メリットがないように思います、ハローワークも 相談に乗ってくれますよ
2. Posted by 糸   2017年07月04日 15:45
北澤様。
こんにちは。コメントありがとうございます。
近々、訪問看護の追加申請をお願いするため、役所へ行く予定でいます。
その時に相談してみようと思います。
さすがに通院くらいは行かせてほしいものです・・・・。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
通院記録*訪問薬剤師・・?多様化する薬物依存者への対応精神保健福祉士との面談。*訪問看護について。