会社を信用していません。一人で頑張っていかなきゃ

2018年10月21日

妥協は本当に必要なのか?


ここ数日、会社とのやりとりを色々書いてきましたが、
ジョブコーチを導入するにあたり、
会社は自分たちの時間も使うかもしれないから、
周りにしっかり「公表」しないと導入はできないと。

でもジョブコーチと関わるつもりは
今は全くないし、何をしてほしいとかも言わない。ご自由にどうぞと。

異動をいち早くしたいし、
夜勤がないところにいきたいというなら
「公表」して異動を考えてみるけど、
人事権があるから、私が選べない。人事が決めたところにいってもらう。

障害者として登録をさせてもらっているだけで
障害者としての仕事ではないから、障害者雇用ではない。

いきたい部署はわかっているけれど、
スキルがないから今すぐいけない。。


ジョブコーチを導入したいなら、

夜勤3回までできるって先生とも確認してブレはないし、
同僚に公表し、
今のまま部署で仕事をしながら、スキルアップを目指す

または

障害を公表し、特性を見極めて異動をする。
その意見はジョブコーチにも聞くかもしれないけど、
実際は会社が決めたところに行く。(人事権があるから)



そのどちらかだと・・・・。
その目的をはっきしさせろと。

私の中では、異動も、スキルアップも
両方ともよりよく生きるためには繋がっていくんですけどね。

私は、あれもこれも我儘すぎるらしい。
もともとそういう性格だけど、どれかは妥協していかないといけない。と。
でも、私は妥協することの一つに
会社任せにして障害を公表するなんてことは絶対にできない。

「障害を公表」ってどんだけ軽く言うんだろ・・。


人事から、あれもこれもなんて無理。
社会人で子どもじゃないんだから妥協しろと言われ、
あれもこれも私には凄く大事なことなんだ・・・とがっかりした。
そんなに私、扱いにくいのかなって。


妥協っていうと私はとてもマイナスなイメージだった。
あれもこれも諦めて、まあこんなもんかと諦めるというイメージ。
でも妥協と調べるとプラスな意味合いもマイナスな意味合いも両方ともある。
私は障害を話すということを妥協点にあげたくない。

IMG_8969


なんだか今年はコスモスのシーズンを逃した。。

メッセージはこちら


ブログランキングに参加させていただいています♪



 

 





sakurasaku1009 at 18:00│Comments(0)ジョブコーチ 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
会社を信用していません。一人で頑張っていかなきゃ