一人で頑張っていかなきゃ通院記録*これから一人でどう頑張っていこうか考えていて

2018年10月23日

通院記録*理解は2段階あるよね

少し診察の間が空いてしまったけれど、
先生にジョブコーチが一度白紙になったことを伝えた。

私の中でも、障害を自分からは話していかないといけないと思ったし、
自分も話していないから悪いのかもしれないし、
そもそも障害者雇用になったのが変わったルートだったのもあるけど、

上司も人事も私のことを知らないこと多いはずだし、
どういう風に、周りの人に相談していくのかを話すのが
いいジョブコーチの相談ではないかな・・・と思っていたんだけど、
会社は私一人を雇用しているわけではないから
全員に平等にしたいし、、
最初から公表してもいいという同意が欲しいみたいです。
簡単に理解してもらえばいいとかいうけど・・・
上の人たちがわかっていないのに、何を公表するんだろう?と思う。
公表するにあたっての準備段階が必要なんだと思うし、
今軽々しく「公表」という言葉がでる時点で
私は同意ができないし、ジョブコーチを諦めてしまったということを話した。



正しい形で自分の状態が伝わってほしいけれど、
最初から、全部きちんと伝わるとは限らないし、
どうしても時間が必要だと思う。

理解って2段階あって、ちゃんと障害を本質的にわかってもらいたいという理解と
職場である程度適応するためにどうすればいいかという理解と別だと思う。
「公表」ってことすらも曖昧だし、何をどこまでっていうのも曖昧。
理解という言葉も曖昧だよね?
職場と雇用されている側のわけだから、
どのレベルを目指すかによるんじゃないかな・・・・?

色んなところで障害者って今働いていて、
会社がどこまで理解してくれるかって
その会社によってまちまちだと思うんですよね。

最初、利用してみようかってお話しがでた時には
仕事のアドバイスだと思っていただろうから、
今は最初とは計画が違ってくるんだね。
前の上司がこっちが何もアクションしなくてもやってくれていたんだよね。
前の上司の方が本当に凄かったんだよね。

今、状況が変わって、どう適用しようかってなっている。
同じものを求めたら凄く大変になると思うんだ。

まずは公表するっていう言葉が曖昧で、
人事の人がどこまで理解できるか?ということと、
信頼できるできないは感情的な部分で、
感情な部分を大きくフォーカスしてしまうと
それは仕事の妨げになってしまうだけだと思う。
シフトのことを考慮してほしいとか長く働きたいとかが目標だから、
目的を見失ってしまうと勿体ないよね。




先生の話を聞きながら、
改めて前の上司は凄いなと思った。
本当に私にたくさんのことを与えてくれたと思う。
もちろん、前の上司のようにはなれないのはわかっている。
比べているわけでもないし、今の人と比べようとも思ったことない。
ただ、前の上司は別格のように凄かったというだけ。

理解という言葉、公表という言葉を聞いて、
私は改めて何を理解してほしいのか、どうすれば信頼できるといえるのか、
ちょっと考えてみようかなと思った。

IMG_9041

秋も終わっちゃうね。

メッセージはこちら


ブログランキングに参加させていただいています♪



 

 


sakurasaku1009 at 18:00│Comments(0)通院記録 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
一人で頑張っていかなきゃ通院記録*これから一人でどう頑張っていこうか考えていて