2016年07月

2016年07月26日

私の飲んでいる薬で亡くなった人がでた。


このニュースなんだけどね。

昨日の朝からずっと落ち込んでいた。

昨日の朝の時点だと、まだラミクタールとはでてなかったけど、
自分が飲んでいた薬だから
すぐにリンクして、
あぁラミクタールだなって思った。

薬の知識はどんどん増えるなぁ。。。

そして、こんな簡単にっていうわけではないけど、
一日200ミリ、14日間で
亡くなるんだなっと思った。

一日200ミリというのは
もし副作用とかも何もでなければ大丈夫なんだけどね。。。

私の主治医は凄く凄く慎重に増量してく。
診察のたびに、
湿疹がでてないか、腕をよく観察しているし、
口内炎がでてないかきいてくれる。
あとかゆいところないか・・・とか。

そのラミクタールももうそろそろ100ミリになると思う。


普通の人は100ミリくらいで
効果を実感する人がいるらしい・・・・

私はどうかなぁ。。。。

しかし、増量している間で
本当に申し訳ないが・・・・・
こんな簡単に亡くなるんだと思い、
猛烈にODをしたくなった自分がいる。。
いや、そんなことのために報道しているわけではない。

でも、すぐにラミクタールだなって気づいた私、
その30分後にこのニュースをもう一度調べたら
ラミクタールとはっきり書いてある。

こんなはっきり書いていたら、
これでODすれば死ぬ確率があるかもしれませんよ。
といっているもんではないだろうか。
他の薬と合わせたらもっと死ぬ確率があがりますよっと。

私はちょっと疑問。
でも、自分の服薬している薬がこういうニュースにでただけで、
他のニュースだったらわからないかもしれないけど。。

親がもし私がラミクタールなんて飲んでいると知ったら
怒り狂って薬を全部捨てるだろう。
ODに絶対死なないなんて言葉はないのはわかっている。



もちろん、もうしない。
そう信じて処方してくれる主治医の気持ちは裏切れない。
でも、昨日はこの後仕事だっていうのに
ラミクタールのジェネリックの通販を調べていた。
意外と安く買えるんだなとか。
こんなに薬があれば死ねるんだろうなっとか。
これに別のてんかんの薬も通販で用意しようかなとか。



こんな自分を客観視して、
本当にいつ死んでも後悔ないんだなと思った。
それは綺麗な言葉で言ってしまえば
毎日毎日悔いなく過ごしているということ。

でも、それはとても目標もなく、
生きることに対して逃げているということ。


でも、一度ODを経験している人は
なかなか抜け出せない依存性があるんだろう。。。。

死ぬかもしれないというリスクと
死ぬかもしれないという希望が合わさっている限り。


2016-07-19-14-44-09


そんなことはいいから仕事頑張ろう。


問い合わせはこちら

ブログランキングに参加させていただいています♪



 

 



sakurasaku1009 at 14:00|PermalinkComments(0)

2016年07月25日

通院記録*私は障害者雇用ではない。今から理想像もできにくい


理想像の話をしているときに、
私みたいになぜかバイトとして、たまたま仕事をし、
そのままこの職種で社員になるのは珍しいのかなーと思った。

だって全く目指してない職種にいるんだもん。
昔は、養護教諭になったら
二度とできないような職種でバイトやりたいとか思っていたのよねー。笑
社会経験!として。笑

そしたら、この職種が楽しいなーと思い、
今はその職種では日本でトップの企業にいる。
本当に不思議なこと。
人生何があるか本当にわからないと思う。

今、こんなトップにいるなんて
どんな勉強を学生の時してたんですか?とよく聞かれるが
全くそんなことは答えられない。





私みたいなパターンは珍しいの?

今のお仕事って得られることが多いし意味のあること。
上司の人に出会って培われることも多いし、
お客さんから学ぶことも多いでしょ?
今の仕事を否定しているわけではない。
大筋の目標があったほうが
モチベーションにつながると思うって話。


お医者さんはなろうと思ってなるものだし、
なんとなく医者になる人なんていないしね。
でも選んだ仕事でもしんどい時はしんどいし
変わらないよ。

ところで、障害者枠はいつからー?とかあるの?


診断書のコピーも渡したし、
特に私がする手続きはもうない。
後は上司がどこまで話しているかわからず・・・
いい意味でも悪い意味でもなにも変わらない。
仕事も何も変わらずさせてくれる。
むしろ変わらずプレッシャーはあるし、やらないといけないこともある。



ちょっとまだグレーな感じだねー。
お仕事しつつ、どういったことは比較的プレッシャーなくできるだとか、
どういったことは苦手意識が強いとか
お話しをしてみてはどうかなぁー。。






その日、帰った後、
これができる、できないとか少し考えてみた。
でも、社員なら全部できるようにしなきゃいけないという考えを
上司から言われたとき、これが苦手なんて言えないと思った。。

そして、

私はもう理想像ができにくいと思っている。
なぜなら、普通の人は親や周りの大人をみて
理想像を早い段階で作るとしたら、
私はもういろんな大人をみてきた。
いい面も悪い面もたくさんたくさん。。。

きっとみんな理想像があるから頑張れるんだという考え、
とても納得して、
あぁだから自分はだめなんだという自己否定が入ってきてしまうようになった。

これから素敵な人に出会うことがまだまだある。
でも私は悪い面をみてしまうと
一気に冷めてしまったりする。
でもいい面だけをこれからはみていこうと思った。
たくさんたくさんみつけて
自分の栄養にして、太い幹を作っていこう・・・。


2016-07-16-23-59-34


あー京都いきたいなー

問い合わせはこちら

ブログランキングに参加させていただいています♪



 

 



sakurasaku1009 at 18:00|PermalinkComments(0)

2016年07月24日

通院記録*本来なら理想像はもっと若いときに見つかるもの。


昨日の通り、私は最近後輩ができることへのプレッシャーを感じている。
あなた何年目なのにまだできないの?
といわれることの恐怖も。

年だけとってしまう・・・と焦ってしまう。

頑張ろう、期待に応えようと思う気持ちも
なんだか空回りしてしまう。。。。

周りが簡単にできることがあると悲しい。
あぁバカなんだなと思う。
(そりゃ知能も人より劣っているけど・・・)








どんな仕事してても、仕事してなくても年はとるんだけどね。笑

求めに答えたい気持ちがあるのはプラス。
求められるハードルがあがり、ついていけないのであればマイナスだけど、
どうやってついていくかを考えたらプラスにいくと思う。

そこで人と比べるから辛くなる。

医者は就職難とかないし、特殊。
人材として資格さえあれば求められるし、
辞めさせることはない。法律に違反しない限り。
競争することはないし、甘いと思う。
年功序列の世界だし、比べることもない。はっきりしている。
あなたのほうが厳しい世界にいると思う。。

できれば人と比べてほしくない。
個人の評価を大切にしてほしい。
周りと比べることで自分を低くみてしまうのであれば、
それはマイナスにしかならない。
自分の過去と今を比べればいいと思うよ。
最初の頃に比べればスキルアップしてるよ。




でも、私には目標はない。
どうなりたいという理想像もないから
先生がいったようにきっとすぐしんどいになってしまうんだ。。。。。。



長い目標をいつかみつけてほしい、形成されればいいと思う。
心理士にも聞いてみたけど
なんとなく理想像みたいなものって
早い段階で形成されることが多いと思うとのこと。
早い段階で出会った人であったり、親をみて、
形成されて、大学選んだりしているんじゃないかな。
そういう人のほうが目標がはっきりしてて
頑張る力になると思う。
でも、途中で理想像が変化することだってたくさんある。
だから転職する人がたくさんいるんでしょ?
運命の人だと思っても離婚する人がいるんでしょ?



でも大筋でこうありたいというのがあるほうが
将来を楽に描けるのではないかな。





うん・・・そうかも。
私でもきっと高校生の頃にね、やりたいことは決まるんだよ。
というと思う。

私は、
親をみて、養護教諭をみて、
こんな大人にはなりたくないと、
逆に養護教諭の資格をとった。
だから全く理想像ではなかったんだよね。。。。

そういう意味では私は本当に理想像というものは0に近いんだと思う。
これから作っていかないといけないんだ。
生きていようと思う限り。。。


2016-07-04-18-46-48


実は私このアイスにはまっています!!
毎日のように食べています!笑
夏バテかもしれません・・・

問い合わせはこちら

ブログランキングに参加させていただいています♪



 

 




sakurasaku1009 at 21:00|PermalinkComments(0)

2016年07月23日

通院記録*芽生えた責任感とやりがい。


正直、水商売なんて私の代わりはたくさんいる。
休んだら罰金がかかるだけ。
飲食も休んでもまぁどうにかなる。
その分オーダーが滞るだけ。

でも、今の職種は違う。
完全に私がいなければ、どうしようもないという瞬間がある。
だから、私は高熱があっても
ひとまず会社に行くし、
どんなに寝込んでても点滴を打ってもらってでも行く。

それは支えてくれる人がたくさんいるのも確か。
もし、支えてくれる人が
別の職種で出会っていたら、
私はその職種にいたのかもしれない。

だから、
なぜ、この仕事なのか、
今度なにがしたいかとか
理想像は何もない。

ただこの瞬間に必要としてくれる私が一瞬でもあれば生きれる。

そんな話をしてみた。

なんでこの職種にいるのかってきかれるとわからないけど、
なんだか責任感とやりがいがあるんだよね。
私がいないとダメだなと思う瞬間が多いんだよね。と。





今のお仕事自体は自分に適しているというよりかは
環境が恵まれているから働けているのかなぁ。。
偶然の重なりが恵まれているのかなぁ。。。

みんながみんなやりたい職業に就けているわけではない。
やりたい仕事ができるっていうことは幸せなこと。
あとは自分がやりたいと思うかどうかと
自分の能力、得意不得意にあっているかどうかも別。
やりたくても不得意だったら困難は伴う。
やりたい気持ちがあって、不得意でも続けられるということもある。
逆にやりたくない仕事でも、成果がでて、周りからの評価が高ければ
自分にあっていると満足度があり、続けてしまうかもしれない。

私の仕事は相当困難が伴いそう。

不得意なほうであっても、
続けているということは、得られるものがあって頑張れている、
環境が支えてくれるのかも。
でも、時々ふとしんどくなる時まで支えられるものはまだない。
今の仕事を長続きさせるのであれば、
あえてどんなポイントが
自分を満足させてくれるのかが明確になればいいかな。








私は前までは続けられることが評価につながっていたけど、
今は長く続けても、求められることはあがっていくし、
越えられないのであれば、
長くいても迷惑がかかるだけ。意味がないと思う。
年だけとっていくと思う。


それは最近思っていること。

私は今まで、会社に休まないで行けることを
自己肯定感、満足感としていて
自己評価していた。
でもそんなことは当たり前で、
もっとこれをできるように、あれをできるようにという
レベルがあがってくる。

そのプレッシャーと今は戦っている。

2016-07-04-16-22-59


あ・・・ぶれちゃった。。

問い合わせはこちら

ブログランキングに参加させていただいています♪



 

 





sakurasaku1009 at 17:00|PermalinkComments(0)

2016年07月22日

私が養護教諭にならないわけ。



私は今の職種を希望しているわけでもなく、
やりたくて始めたわけでもないのですが
今の仕事は7年?続いています。

本当は親は大学まで行かせたんだから、
資格がある、養護教諭として頑張ってほしいのかもしれません。。。

でも、私は養護教諭という理想像はそこまでなくて、
逆に保健の先生なのに助けてくれなかった。
親に内緒にしてほしいと言われたことも、(リスカとか)
命を守るためと、親に連絡をし、裏切られたりした。

私は今でも命にかかわるからと言われても納得しない。
死にたくてリスカしているわけではない。
深いリスカ、、命にかかわるようなリスカなんてしてない。
助けてほしい、生きたいの・・・っていう証なの。
別に保健室で処理してもらいたかったわけではない。
親に気付いてほしかったわけではない。
誰でもいいから、私の心の闇に気付いてほしかった。

それをぱっと裏切った当時の養護教諭・・・

もう名前もでてこないけど。



養護教諭はもっともっと心に寄り添えるはず。

だから、私が・・・・と
理想像も何もなく先生になろうと思った。

そして、二カ月間、教育実習、病院実習も終え、資格取得。

当時、この二カ月のために、
貯金をした私をほめてあげたい。
仕事もできず、貯金で生活するしかなかった。
それができた私をほめてあげたい。

そして、二カ月仕事を休ませてくれた会社には頭があがらない。
休みの日に手伝おうと会社に来れば、
先生になる実習も仕事のうちだよっと帰らされた。


その後、一年臨時教員として公立の学校で働いていましたが、
やはり理想像がないとダメだなと思った。

私みたいに親から十分な愛情をもらえなかった人もいるだろう。
でも、やはり目立つのは
親からの愛をもらえる子どもたちだった。

何かあれば子どもを守るために抗議の電話が来たり、
給食費は払わないくせに、子どもに携帯を持たせる親。
しんどかった・・・

あぁみんな愛されているんだなと思った。

もちろん悩んで自傷している子もたくさんいた。
でも、私も周りの先生との関係も大事だから、
自分も同じだったよなんて一切言えなかった。

周りの子どもからみたら
私もだめな教諭だったと思う。


その後、今の職種に戻りましたが、
ちょこちょこ修学旅行の引率をやっていた。

(養護教諭になりたい方、仕事は意外とたくさんあります。笑)

でも。。今は自分の通院を辞めてまで、
また教員に戻りたいと思わない。

今まで、色んなバイトをした。
飲食も水商売も、ティッシュ配りも、イベントコンパニオンも・・・
でも好きだからというわけではなく、
やはりお金のためだった。


今の仕事はやりがいもある。
苦手だけど好きな気持ちもある。。

この仕事をやりたいんだと思える私でありたい。

そして、また養護教諭になりたいと思う瞬間がきっとくる。
そのときは、今度こそ心に寄り添える先生になろう。





2016-07-08-14-25-21


夏だからさっぱりしたものばかり。

問い合わせはこちら

ブログランキングに参加させていただいています♪



 

 




sakurasaku1009 at 17:00|PermalinkComments(0)