2018年10月

2018年10月26日

私は話をたくさん聞いてくれる人を求めているわけではない‥


ジョブコーチにお願いしたいことの1つに
私と人事、上司との会社での人間関係構築の支援をあげている。
簡単に「公表」「サポートしてもらえばいい」というけれど、
そんなに障害者理解って簡単なことでも
周りに強要できることでもないと思う。
「公表」という時点で、私はまず目の前の上司からだな・・と思ってしまう。

会社の面談で、人事の方が


私たちは関係は築けていると思うんだけど・・
関係性って何か達成度とかがわかるものなの?
Lineを毎日したら?

関係性の構築を条件にされたら、
いつまでたってもそういう人間関係ってことだよ?

客観的にサポートはできるけど、
ビジネスの相手であって友達にはならない。
Lineも夜中には返さないし、夜中に電話がきても出ないです。
前の上司はそういうことをしていたのかもしれないけれど、
それを関係性が作れていないというなら、平行線のまま。
こちらがサポートしたいと思っているのに、
あなたは信頼できないと言っている・・

それじゃいつまでもそのまんまだよ?


・・・・と言われて、

私は
前の上司に、電話したこともないし、
深夜に会いに来て!!!と叫んだこともない。
でもそれでも、とてもとても前の上司を信頼しているし、
今、もし前の上司がチームに公表したい、私が話すというなら、
前の上司なら任すかもしれない。

でもそれは、毎日メールをしてくれたからでも電話してくれたからでもない。

前の上司は、私のことを知ろうとしてくれた。
それが一番の人間関係を構築するうえで必要なことなんだと、
身体で教えてくれた。


今の上司には、私を知ろうとしてくれると感じることがない。
もちろん、理解をしてくれようとはしているけれど・・
私を知ろうとは思ってくれていないかな・・と思う。


面談の次の日、色々なことが悲しかった。

簡単に障害を公表という言葉を使わないでほしい。

簡単にサポートしてもらえばいいなんて言わないでほしい。

ジョブコーチと関わるつもりもないとか、

パソコンの能力がないとか、

私のことを否定しないでほしい。

一人で頑張らなきゃなんて思いたくなかった。

一緒に私を支えてくれるんだと思っていたよ・・・。

IMG_8862


IMG_8861


築地に前ドトールがあったのですが、跡地に鯛焼きさんができました。

神田達磨さん https://taiyaki-kandadaruma.com/

なんだかいつも列ができているので買ってみました。
焼き立てを用意してくれて美味しい。

メッセージはこちら


ブログランキングに参加させていただいています♪



 

 





sakurasaku1009 at 18:00|PermalinkComments(4)障害者雇用 

2018年10月25日

発達障害のある人を海の中ですごす人に例えたら

Yahoo!ニュースを見ていたらとても面白いイラストを見つけました。

書いた人は、
子育て模索中(@kumokun8)さん。
ご自身も発達障害のお子さんを持ち、Twitterで情報を発信しています。

私はTwitterをやってなく、リツーイト?できないので、
敢えてここで紹介をしたいです。

hm_181010hattatsu01


hm_181010hattatsu02

hm_181010hattatsu03


hm_181010hattatsu04



この酸素ボンベは人からの手助けですね。
海はどこだろう・・会社、学校・・?
人それぞれ想像するところは違いますね。


私は、酸素ボンベをくれる人はたくさんいると思うんです。
泳げない・・苦しいよ・・と言えば、
理解してくれる人はいると思う。
でも、酸素もいつかはなくなってしまう。
その支援してくれる人魚はいつまでもいるわけじゃない。
その持続的な支援をお願いするってとても大変だな・・と思うし、
いつになったらできるの?という人に説明をしていくことも、
どうしたら海で対応できるかな?
息継ぎができればいから、浅いところ泳いで顔あげようかな?とか
自分でボンベをいれられないかな?とか
「考える力」は必要だと思う。


メッセージはこちら


ブログランキングに参加させていただいています♪



 

 






sakurasaku1009 at 18:00|PermalinkComments(0)自己啓発 

2018年10月24日

通院記録*これから一人でどう頑張っていこうか考えていて

先生にジョブコーチを導入しないことになって、
私はたくさん相談したいこととか山ほどあったのに、
これからどうやって仕事していこうとかまずは考えないといけない・・。
シフトの作り方とか、障害者雇用にして周りとの付き合い方とか、
会社もたくさん困っていることがあるはずなのに、
公表することを条件にするなんて困っていないんだなぁ・・と思った。
ジョブコーチのこととも関与したくないというのもショックだった。。
もっともっと色んなところから私を支えてくれるんだと思っていたから
自分でもわかっていたけど、ただの一従業員だと感じたのと、
障害者雇用、障害者雇用じゃないどうこうでまたもめて、嫌になった。。。。

先生に話している途中で
自分で言いながら、一人で同前向きにしていくか考えなきゃ・・という思いをぶつけると
自然に涙が溢れた。



会社は困っていないと思う。当事者じゃないし、しょうがないよね。
だから自分から動かないといけなくて頑張ってきて辛いんだよね。

今はそもそも会社とのやりとりに関して
ジョブコーチも絡んできてほしいということですよね。

どうしよう・・?

利用できるものが利用できないというのは困る。
主治医も、情報提供というのはできるけど、
はっきりいったらいつまでたっても進まなくて困るんですよねぇ・・・
ちょっと精神保健福祉とも相談してみます。
こういう時こそ気持ちに揺さぶられやすくなるかと思いますが淡々と毎日過ごしてください。





実は以前、ジョブコーチの話が出始めた頃、
前の上司がちゃんと病院の意見も反映させるべきという話と、
精神保健福祉士も会社に介入したいという申し入れがあったんだけど、
結局、医長から万が一、病院側から私の就労に不利なことを話して
マイナスにいくことがあったら責任とれないし、
病院の役割を超えている。とそちらはなしになったんです。
その時、それもそうだなっと思ったのですっかり忘れていたのですが、
ふと思いだして、
私の会社のために色々相談してくれるだけでもありがたいなぁ・・と思いました。

IMG_8891


近くにあるモスカフェ、とっても落ち着いて
ブログやノートを書くことができます。

メッセージはこちら


ブログランキングに参加させていただいています♪



 

 


sakurasaku1009 at 18:00|PermalinkComments(2)通院記録 

2018年10月23日

通院記録*理解は2段階あるよね

少し診察の間が空いてしまったけれど、
先生にジョブコーチが一度白紙になったことを伝えた。

私の中でも、障害を自分からは話していかないといけないと思ったし、
自分も話していないから悪いのかもしれないし、
そもそも障害者雇用になったのが変わったルートだったのもあるけど、

上司も人事も私のことを知らないこと多いはずだし、
どういう風に、周りの人に相談していくのかを話すのが
いいジョブコーチの相談ではないかな・・・と思っていたんだけど、
会社は私一人を雇用しているわけではないから
全員に平等にしたいし、、
最初から公表してもいいという同意が欲しいみたいです。
簡単に理解してもらえばいいとかいうけど・・・
上の人たちがわかっていないのに、何を公表するんだろう?と思う。
公表するにあたっての準備段階が必要なんだと思うし、
今軽々しく「公表」という言葉がでる時点で
私は同意ができないし、ジョブコーチを諦めてしまったということを話した。



正しい形で自分の状態が伝わってほしいけれど、
最初から、全部きちんと伝わるとは限らないし、
どうしても時間が必要だと思う。

理解って2段階あって、ちゃんと障害を本質的にわかってもらいたいという理解と
職場である程度適応するためにどうすればいいかという理解と別だと思う。
「公表」ってことすらも曖昧だし、何をどこまでっていうのも曖昧。
理解という言葉も曖昧だよね?
職場と雇用されている側のわけだから、
どのレベルを目指すかによるんじゃないかな・・・・?

色んなところで障害者って今働いていて、
会社がどこまで理解してくれるかって
その会社によってまちまちだと思うんですよね。

最初、利用してみようかってお話しがでた時には
仕事のアドバイスだと思っていただろうから、
今は最初とは計画が違ってくるんだね。
前の上司がこっちが何もアクションしなくてもやってくれていたんだよね。
前の上司の方が本当に凄かったんだよね。

今、状況が変わって、どう適用しようかってなっている。
同じものを求めたら凄く大変になると思うんだ。

まずは公表するっていう言葉が曖昧で、
人事の人がどこまで理解できるか?ということと、
信頼できるできないは感情的な部分で、
感情な部分を大きくフォーカスしてしまうと
それは仕事の妨げになってしまうだけだと思う。
シフトのことを考慮してほしいとか長く働きたいとかが目標だから、
目的を見失ってしまうと勿体ないよね。




先生の話を聞きながら、
改めて前の上司は凄いなと思った。
本当に私にたくさんのことを与えてくれたと思う。
もちろん、前の上司のようにはなれないのはわかっている。
比べているわけでもないし、今の人と比べようとも思ったことない。
ただ、前の上司は別格のように凄かったというだけ。

理解という言葉、公表という言葉を聞いて、
私は改めて何を理解してほしいのか、どうすれば信頼できるといえるのか、
ちょっと考えてみようかなと思った。

IMG_9041

秋も終わっちゃうね。

メッセージはこちら


ブログランキングに参加させていただいています♪



 

 


sakurasaku1009 at 18:00|PermalinkComments(0)通院記録 

2018年10月22日

一人で頑張っていかなきゃ

ジョブコーチのことが白紙になってしまった。

私は早急に一人で異動を目指す前向きな力と行動力、
どう頑張っていくかということを見出さなければいけない。。
どうすれば常に前向きに頑張れるんだろう?
どうすればやりたいことのために走れるんだろう?

私は生活リズムを整えることで、
減薬に挑戦できるくらいになったので、
一度夜勤を年内でもストップして建て直しを図るのがいいなーと思っている。

本当は、仕事を一緒にみてくれるのがジョブコーチなんだろうけど
仕事を横について見ているような段階ではない。
診断書通りに勤務できず、上司も知らないことばかりで。

前の上司は私のことを知り尽くしていたので
これをしってもらいたいということは何もありませんでした。
しかし、それが変わり
どうしたら今の上司に伝えられるか?というのは5月からのテーマでした。

そこで、まずは業務以前に環境の整備や(診断書通りにいかないこと)、
パンフレットに書いてあるような会社の受け入れ体制や
双方の悩みであったり、
まずは自分を知ってもらうことが先で
業務を見るのは後の段階だと思ってることを話し、
そういうこともできるのか?というのを
人事がジョブコーチに聞いてくれました。
そして、そういうカウンセリングの支援もできるという回答を頂き、
先生からも今の段階でジョブコーチを導入するのがいいと面談でも言ってくれたのですが……
やはり会社の透明化を人事は大事にしたいようです。

私は今後、本当に周りに話すことが私の将来に繋がるのか?とかも
ジョブコーチと相談して決めればいいと思ったのですが…

障害のことを全くわかっていない上司が
周りに言うなんてそんなことは了承できません。。。

一人で頑張っていくためにどうしよう・・・
そんなことを考えています


IMG_8983



メッセージはこちら


ブログランキングに参加させていただいています♪



 

 





sakurasaku1009 at 18:00|PermalinkComments(0)生きる