2018年10月

2018年10月21日

妥協は本当に必要なのか?


ここ数日、会社とのやりとりを色々書いてきましたが、
ジョブコーチを導入するにあたり、
会社は自分たちの時間も使うかもしれないから、
周りにしっかり「公表」しないと導入はできないと。

でもジョブコーチと関わるつもりは
今は全くないし、何をしてほしいとかも言わない。ご自由にどうぞと。

異動をいち早くしたいし、
夜勤がないところにいきたいというなら
「公表」して異動を考えてみるけど、
人事権があるから、私が選べない。人事が決めたところにいってもらう。

障害者として登録をさせてもらっているだけで
障害者としての仕事ではないから、障害者雇用ではない。

いきたい部署はわかっているけれど、
スキルがないから今すぐいけない。。


ジョブコーチを導入したいなら、

夜勤3回までできるって先生とも確認してブレはないし、
同僚に公表し、
今のまま部署で仕事をしながら、スキルアップを目指す

または

障害を公表し、特性を見極めて異動をする。
その意見はジョブコーチにも聞くかもしれないけど、
実際は会社が決めたところに行く。(人事権があるから)



そのどちらかだと・・・・。
その目的をはっきしさせろと。

私の中では、異動も、スキルアップも
両方ともよりよく生きるためには繋がっていくんですけどね。

私は、あれもこれも我儘すぎるらしい。
もともとそういう性格だけど、どれかは妥協していかないといけない。と。
でも、私は妥協することの一つに
会社任せにして障害を公表するなんてことは絶対にできない。

「障害を公表」ってどんだけ軽く言うんだろ・・。


人事から、あれもこれもなんて無理。
社会人で子どもじゃないんだから妥協しろと言われ、
あれもこれも私には凄く大事なことなんだ・・・とがっかりした。
そんなに私、扱いにくいのかなって。


妥協っていうと私はとてもマイナスなイメージだった。
あれもこれも諦めて、まあこんなもんかと諦めるというイメージ。
でも妥協と調べるとプラスな意味合いもマイナスな意味合いも両方ともある。
私は障害を話すということを妥協点にあげたくない。

IMG_8969


なんだか今年はコスモスのシーズンを逃した。。

メッセージはこちら


ブログランキングに参加させていただいています♪



 

 





sakurasaku1009 at 18:00|PermalinkComments(0)ジョブコーチ 

2018年10月20日

会社を信用していません。

私は、ジョブコーチにいくつも支援頂きたいことがあるんです。

私の障害をどうチームに知ってもらえるか?とか
シフトのこととか、
異動に向けてどんなことをしていこう?とか
どうすれば仕事がしやすくなるかな?とか
周りとの人間関係ももちろん上司との人間関係も。。
それは私だけの支援ですが、
私と同じように会社も私の障害者雇用に対して悩みがたくさんあるはず。。。


周りの人にどこまで周知させるか?ということも
私はジョブコーチからのアドバイスを聞いてからでもいいと思ったんです。

それでも大丈夫です。とジョブコーチ側から既に答えも頂いていて。


人事も私のことをまだわかっていないのに、
障害を公表するなんて怖すぎる。。。


人事は障害とは言わないという。差別になるからって。
でも、公表するって何を公表するの?
夜勤との関係はどう説明するの?と
私の中では会社に任すことは怖くてできません。


あまりにも何度も「公表」というもので、
障害と言わずに、
例えば耳からの情報より書く方が得意とか
それと体調はどう関係していると公表するんですか?と聞いたら、
それは人事部長とこれから相談しますっと。

怖・・・・・・

職環境で生死が関わるのに会社任せなリスクは負えません。


精神障害は目に見えないから
どうやって知ってもらおうか?なんて悩みは
働く時にほとんどの人が抱えている悩みで
珍しくないことだと思います。。。
そんなケースたくさんジョブコーチも知っていると思う。
それをジョブコーチと相談したいということは間違っているのかな・・

障害を公表することよりも
上司や担当の人事との関係作りが先だと思うことは
私が間違っているのかな・・?


会社は
理解してもらい、皆からのサポートをもらうとか簡単に言いますが、
障害者無差別殺傷事件のように
根本を簡単に変えられないと思います。
でもそれはそれでいいんです。
いじめがなくならないのと一緒だと思っています。



もともと私は周りに障害を理解してもらい
働きやすくという考えではなく、
夜勤がないところへいけば
周りと同じ環境で整えられると思っていて、
私が第三者の力を借りて
仕事をできるようにするがいいと思っていて、
上司とのコミュニケーションもジョブコーチに支援をお願いしたいと思っていて。



妥協も必要だと思うけど、
障害を言わずに周りと同じように働きたいという思いも、
異動し夜勤なく仕事をして心身ともに安定にしたいということも、
やりたいことを目指していきたいということも、どれも妥協できませんし、
どれも私の働きやすさに繋がると思うから。



でもどれかに絞ってほしいと、目的ははっきりさせたい、
あなたは我儘だ・・・という会社の話を聞きながら、
会社は私の障害者雇用にあまり困っていないんだなと感じました。。。


人事は現場のことはわからないし、
会社の透明性が大事なんだろうな・・と思いました。
とはいえ、透明性って…?
個人情報保護とはどうでもいいの?


私は、障害を周りに公表するということがあるとしても、
今現在、そんな会社任せにできない。とはっきり言った。
でも人事はそれが仕事だからという。
それを偏見があるというわけじゃなくて、
サポートしてほしいと言う願いがあると。
信頼してほしい。
私たち(人事、上司)あなたを助けようとしているでしょう?と。


何その疑問形は・・・・

私はこの面談で、ジョブコーチとの間に入りたくないとか
結構傷つけられている。

残念ながら、信頼します。
障害のこと、どうぞどうぞ言ってくださいと言えるわけないでしょう。と思う。

そんなこんなで
もうそんな公表するということを条件に
ジョブコーチの導入はしない。と自分で決めた。。。

なんだか、ジョブコーチと関わりませんと言っている時点で、
私の想像するサポートの形ではなくて。

IMG_8942


笑顔で毎日過ごしたいだけなのになぁ

メッセージはこちら


ブログランキングに参加させていただいています♪



 

 





sakurasaku1009 at 18:00|PermalinkComments(0)ジョブコーチ 

2018年10月19日

「障がいは言い訳にすぎない。負けたら、自分が弱いだけ」

問題になっていますねーこの言葉。


障害を言い訳にするな、といわれるのは、障害者差別ですよね。。
本当にできないこともあるし、障害の度合いも違うし。



パラリンピックのスポーツ選手が、

「今まで健常者としての大会に出ているときは、
障害があってもできるんだという気持ちもあれば、
負けたら『障がいがあるから仕方ない』と言い訳している自分がありました。
でもパラリンピックに向けて、障害者同士の大会では言い訳ができないんです。
シンプルに勝ち負け。負けたら自分が弱いだけ」

そういう発言が、このポスターになったみたいですね。
自分が鼓舞する言葉がポスターになると、
出来ないことを言い訳するな障害者に訴えていると思うのかな・・
既にポスターは撤去されたようです。



私は・・

実は自分が精神だからか、とってもいい言葉だと思っています。


自分で、自分の限界を決めたくないと。


出来ないと思うことも練習を重ねてできるようになることもあるし、
簡単に障害者だから、あれできないこれできない・・と言いたくないんです。


今まで、私は何度もあ・・できるようになっている。
諦めなくてよかったと思っています。
仕事の面は特に。

今まで出来なくて悲しくて仕方なかった仕事。
任せられると躊躇したし、不安だったけど
やってみたら、昔のような苦手要素はなかった・・。
人間って成長していく生き物だと思います。
医者もそう言っているから諦めなかったのかも。


障害者雇用水増し問題をみて、
どんな雇用条件で応募をしていくんだろうか・・・・・・。
そうニュースを見ている時がありました。
私のことを知っている先輩は、
私がYahoo!ニュースで水増し問題を見ていた時に

「そういうのに頼ろうとするからだめなんだ。」

と言いました。

そういうのに頼らないといけない人もいるでしょう?
と返すと、
まずは努力をしろ。と。


それもそうだな・・とその時は何も言わなかった。



私は、健常者がこの言葉を聞いて、
いや、できないこともあるし、障害者差別だよね。
と言うのならいいと思うけど、

障害者本人が、そんなこと言うな!!できないものはできないんだ!!と
否定するのは、ちょっと寂しいと思う。

出来るようになることもあると思う。
諦めなければ開ける道があると思う。


出来ることが増えた私は思う。

毎日辛い日もあるし、しんどい日もあるけれど、
障害を言い訳にしたくないと。


IMG_8798


先日、夜勤途中にどうしても用事があり、
都内に出かけ、初めて行った駅に、なんだか美味しそうなラーメン屋さんが。
 一學という四谷三丁目にあるラーメン屋さん。
鶏と豚骨を合わせて白いスープにしたという。

最近、好きなものを好きというようになった。
今までラーメン屋さんに一人で入ることしなかったけれど、
本当は自分は結構ラーメンが好きで、人の目を気にせず入れるように。

こういう自分自身でのちょっとした成長も大きい。


メッセージはこちら


ブログランキングに参加させていただいています♪



 

 



sakurasaku1009 at 18:00|PermalinkComments(0)日々 

2018年10月18日

夜勤3回までならいいんでしょう?って無理してやっているんだけど‥

私はどうしても周りと同じような働き方をしたいと思う。
もともと障害を皆に理解してもらって・・なんて思っていない。
周りと同じように仕事ができるようにするための
第三者への支援だったり、工夫だったり、環境の調節だと思う。
それって異動すれば私が解決することもあるのかな・・って。

でも私は自分のやりたいことを追いたい、
自分のやりたいことをできるようにしたい。


それに対し、人事は、会社は人事権があるから、異動命令がでたら断れないと。
特性をみて能力を活かせるということであれば、
それはそれで公表をしていただいて、フラットという状況で、異動を考えていく。
そして、それはいくつも選択肢があるわけではなく1つ。
そして、それは私がやりたいことかどうかはまた別の話らしい。。。。


私はそう人事から聞いた時、
そんな話があるかい!やりたい仕事をやるから社員は伸びるんだ。
そう思っていて、
人事権という人事に対し、半信半疑だった。
でも正社員というもの、そういうものみたい・・・。
それが嫌なら契約社員でやりたいことやったり、バイトを選ぶしかないみたい。


それを考えると、今私が
「特性を考慮して、異動先を選んでください。人事が選んだところに行きます。」
というのはかなりリスクがあると思った。
だってどんな特性があるのかもわからないだろうし・・・・・・。

ただ夜勤がないところならどこでもいいというわけではない。


人事権、人事権と説明をされ、
人事が私のために、
そんなに自分の特性をみて異動をさせるというのは
ちょっと現実的ではないと思っていた。

そんなことを考えていたら、
「でも夜勤3回までならいいんでしょう!?
診断書にも書いてあったし、
先生もそう言ったから、先生とはずれはないよね」
と、相手が爆弾を突っ込んできた。

そういう解釈をしたのか・・・と。
先生がなるべく生活リズム正しく仕事をしてくれということは
あんまり伝わらなかったみたい。


私は結構3日間までできるというのは
ちょっと本当は健康のためにやりたくないけれど仕方ない。
そういう思いだったので、
3回までならいいんだよね⁉というのは少し解釈が違うと思う。

IMG_8966

メッセージはこちら


ブログランキングに参加させていただいています♪



 

 



sakurasaku1009 at 18:00|PermalinkComments(0)障害者雇用 

2018年10月17日

障害者の登録だけっていいように使われているんじゃないか。

実は私はとても複雑なパターンで、
入社時は障害を隠して入社しました。(いっていたら絶対に採用されない)
でも仕事の途中に過呼吸を起こしたことがあり、
前の上司にカミングアウトした後、
前の上司がどうしても自分1人で抱えられない。
だから私から1人だけ相談させてほしいと言われ、
前の上司が同期でもある当時の人事部長に相談し、
障害者雇用の提案をしていただき変えた流れになります。

とはいえ、給料も賞与も変わらない。
逆に税金のことを考えると人よりも多くもらっているかも?
福利厚生も変わらない。
仕事の内容は現場に任せるということだったけど特に変わらず。


逆に私は、何も給与も公休も福利厚生も変わらないということ、
全員に言う必要もないということを
当時の人事部長から説明を受けて、
あまり悩まずに、障害者雇用に変えました。
シフトの配慮とかはお願いしやすくなるし。。
なんてすばらしい会社なんだと当時は思った。
障害者雇用って低賃金なイメージだから
同じお給料でいいんですか?と思ったし・・。



しかし、当時の人事部長も変わり、私の上司も変わり、
障害者雇用じゃないと人事は何度も言うんです。


「障害者として、あなたを雇用者として登録をしているだけで、
障害者雇用という仕事ではないので平等に扱っている。
障害者として専用の仕事をしているわけじゃないんだから、
障害者雇用ではない。」


でも、私は障害者として、会社の雇用数にカウントされているし、
手帳のコピーも渡している
(昨年から声かけられていないけど6月の厚生省への手続きもちゃんとしてるはず)
それって障害者雇用なんじゃないのか?と思う。
障害者雇用じゃないというなら
いいように数にカウントされていない?とさえ思う。

というのも私は障害者雇用として手帳のコピーも渡しているし、
やはり診断書通りにシフトの配慮をお願いしたいし、
夜勤がないところへいくのも皆と同じように働く環境を整える1つの方法だと思う。


障害者雇用じゃない、障害者雇用だっという話は
昨年も人事とはしていて、
障害者として登録しているだけだから障害者雇用ではないというのですが、
私としてはどうも納得いかない。。
なんだか変に利用されている気がする。
けど、給料も変わらないし我慢しないといけないのかもしれない・・・・・


IMG_8933


メッセージはこちら


ブログランキングに参加させていただいています♪



 

 






sakurasaku1009 at 18:00|PermalinkComments(0)障害者雇用