2019年01月

2019年01月26日

SNSで自殺を救えないかな‥

2018年の自殺者数は
2万598人(3.4%減)。
9年連続で減少したようです。


もちろん人口が減っているのもあるでしょうが、
37年ぶりに低いとのこと。


ただ未成年の女性の自殺は増えているみたい・・


それってとても大きな問題ですよね。


私も10代の頃、毎日死にたかったし、
生きていることに何の希望もなかった・・
生きていることが不思議だと思うほど
毎日、どう死ぬか?を考えていた。

それでも生きてこれた。

私が今、未成年だったらと考えてみて、
一番変わっているんだろうなぁ・・と思うことは
SNSの進化。

FB,インスタ,Line・・

知らない間に私以外の人たちは
グループラインでやりとりしているかもしれない・・・・・・・・・・・

いつまでたっても既読つかない・・・・・・・・・

SNS上ではオンラインになっているのに返事がこない・・・・・・


今やりとりしているけれど、チャットみたいになっていて、
止めるタイミングわからなくて疲れちゃう・・・・・・・・・・・


もし私が未成年だったらこんなSNSはしんどい。
息ができないほど携帯と向き合う時間が苦しいと思う



それでも、死にたいと匿名でも呟けるSNS,
支援しようとする輪ができていますよね。
死にたいは助けての裏返し。
本当に死にたい人もいるけれど、
死にたいという表現で生きたい。助けてを伝えていると思います。

そういう支援、私にも出来たらチャレンジしたいと思っています。





ちなみに私はSNSにはかなり鍛えられています。(笑)


知らない間に私以外の人たちは
グループラインでやりとりしているかもしれない・・・・・・・・・・・
→まあ、言いたいことあればいつかは言ってくるでしょう


いつまでたっても既読つかない・・・・・・・・・
→気になるけれど、気にならないくらい
仕事やほかのことをやる。(興味あることを見つける)



SNS上ではオンラインになっているのに返事がこない・・・・・・
→それは私も一緒。

今やりとりしているけれど、チャットみたいになっていて、
止めるタイミングわからなくて疲れちゃう・・・・・・・・・・・
→あっさり私は止めて、次の日返事をする。



私が今嫌だなーと思っていることは
仕事の連絡がLineでくること。
休みの日に連絡しないでほしい・・・・
ONOFFはしっかりつけたいのです。


IMG_9650

IMG_9649

ハンバーグ×パスタのペアセット!


メッセージはこちら


ブログランキングに参加させていただいています♪



 

 





sakurasaku1009 at 18:00|PermalinkComments(0)日々 

2019年01月25日

ポシティブマップ

携帯でこんなものを見つけました。

m2177-1


簡単にできるものから、難しいものまで。
効果があるものから低いものまで。

お手軽で、効果が高いものには

「美味しいものを食べる」

「しっかり眠る」

うん。当たっている。

お手軽になっている

「SNSをみない」

これはちょっと難しいなー

周りのことを気になる(だからSNSで落ち込むんだけど)


効果が高いのには

「ランニング」

「前向きな言葉を口にする」

うん。大事なことですね。


ポシティブだからいいわけでもない。
だけど、なるべくなら毎日笑って生きれるような
そんな生活をしたいかな。と思う。


メッセージはこちら


ブログランキングに参加させていただいています♪



 

 












sakurasaku1009 at 18:00|PermalinkComments(0)自己啓発 

2019年01月24日

まるで覆面調査のようだ*主治医の意見書

精神の障害者雇用というのはとてもグレーだと感じている。
身体のようにバリアフリーにしようとか
目に見えるものがない。
人によって苦手なことも求めている配慮も違う。
私はどこまでが配慮として、お願い出来て、
どこまでがこれは障害者のわがままだと言えるのか、
大体でもいいから知りたいと思う。

そこで、ハローワークでいろいろな求人と見比べながら、
どのような配慮をしてくれるという企業が多いのか、
私のように、通院で休みにしてほしいとか
シフトの配慮をお願いしたいと求めたら応えてくれるのか
本当に低賃金の仕事しかないの・・・?
どのようなスキルがあれば精神障害でも雇用されて、
一人で暮らせるような給料がもらえる・・・?とか
いろいろ調べたいと思った。
本当は、そういうのもジョブコーチが
たくさんのパターンを知っていると思うけれど、
自分で調べようと思ったときに、よし、他の会社を比べようと思った。


そこでハローワークに出向いたら、
求人をみるにあたって、
主治医の意見書が必要だと用紙をいただく。

過去も何度かハローワークには転職したいと思うたびに
顔をだしているが、
そのたびに障害者雇用での職種の少なさ、賃金の低さに驚き止めてしまう。

覆面調査ではないけれど、
転職目的ではなく、
どのような配慮がどのような賃金になるのかを知りたいと思った。

その旨を主治医に伝え、
転職したいわけではないのですが書いてくれませんか?とお願いしたところ、
用紙を渡したところ、快くいいですよ!と言ってくれた。

もともと障害者雇用があってそこに変えたわけでもないから難しいね。
でも障害者雇用という形にこだわるとまたそこで制限がでてしまうけれど
今できていることはちゃんとあるから
形にこだわりすぎないでもいいよ。
この用紙も今、十分にやれているので制限がつく感じにはしないよ?とい先生からの説明もあり、
お願いすることにした。

これが今一人でできることかな。

IMG_9152




メッセージはこちら


ブログランキングに参加させていただいています♪



 

 




sakurasaku1009 at 18:00|PermalinkComments(0)障害者雇用 

2019年01月23日

障害を理由にできないと諦めていたこともできるようになる

ネットで様々な情報が入るようになり、
自分のことが、客観視できるようになる半面、
こういうところは病気の症状なんだと型にはめてしまうところもあります。

私は学生の頃から、
全校集会等みんなで集まって何かを聞くということが苦手でした。
貧血で倒れる人何人かいましたよね。
気持ち悪くなってきちゃうんです。

それは社会人になってからも変わらず、、
従業員全体に向けての会議、
部署でプレゼンすることもとても苦手でした。

大人になり、知能検査をやり、
私は視覚優位のことがわかりました。
突然、耳から多くの情報が入ってきてもパニックになってしまうんです。
頭の中で耳からのことを聞き取れない、理解できないまま
一方的に話されても、難しい。。。。

知った時、
だから学生の頃から全体の集まりが得意ではなかったのか!と納得。


私はそこから会社での全体の集まりは避けることが増えてきました。
私の中では苦手分野なんだと。。
無理することはないと自分で諦め半分でそう思っていました。

それでも一年前・・
シンガポールから外部の人をお招きして、トレーニング、研修。
自分的にはとてもとても興味があり、出たかったのですが、
もちろん全部英語。
しかも仕事の前に早く来て参加する。
そのあとに通常業務7.5時間・・

語学も得意ではないし、
途中で具合悪くなって、通常業務出来なかったらどうしようもない・・と諦めました。


参加した人からの感想を聞いて、
英語という壁ももちろん、
参加型のプレゼンでダメ出しも多くて大変だったという話、
それでもとても有意義な時間だったんだろうなぁ・・と思うと、
出たかった・・という思いと出なくてよかった・・と思いと
色々混ざっていた、でも自分で諦めた悔しさを今でも思い出します。


一年間、またチャンスがあれば出席したいと思い、
日々の打ち合わせに多く参加していました。
もちろんそれも不安だったけれど・・
案外、自分が思っている以上にパニックにはならない、
全部がわからないわけじゃないということも参加してからわかり、
自分が苦手分野を今まで悲観しすぎだったなと気づきもありました。


そして一年経った今・・・
再度、研修があることがわかり、
参加することができました。

数時間、英語での研修で語学の理解不足はありましたが、
それでもためになることも多くて、
参加してよかったと心から思いました。

しかも、会社の研修なのですが、
去年のことができていなかったので、
今年も同じ内容をしていると相手が言っていてラッキーと思いました。笑
(会社的にはラッキーではない。)

出来ることが増えていく。
治っていくことが増えていく。
出来ないと思っていたことがやってみたら出来るかもしれない。
今は出来なくても出来るようになるかもしれない。

今にも将来にも悲観しなくて大丈夫だと信じている。

IMG_9342



茂助のあんみつ。
豊洲市場に移りなかなか行けなくなりました・・


メッセージはこちら


ブログランキングに参加させていただいています♪



 

 




sakurasaku1009 at 18:00|PermalinkComments(0)生きる 

2019年01月22日

通院記録*会社に入ってきてもらうのがいいことなのか


昨年から、ジョブコーチの導入をしない代わりに、
病院の精神保健福祉士が、人事とやりとりをしてくださっています。
ジョブコーチに入る、前段階をやることができると思っていると
優しい言葉を言っていますが、
私は病院としての役割を大きく外れてしまうと思います。

ジョブコーチの導入前の段階が必要ということであれば、
それは地域のNPOが担当するのが正しいのではないかな・・

病院の役割が超えるのは
いいことだとは思えないんですよね。

それは甘えている私も悪いのですが、
先生もいつもたくさんの話を聞いてくださり、
主治医の役割を超えていると思います。

私の場合、地域のソーシャルワーカーとの相性が合わず
うまくいかなったのがありますが、
病院に会社に入ってきてもらえるのが正しいとは思わない。


そうお話をしました。




病院としての役割を
大きく超えることはできないと思います。
会社に入るといっても、
あなたの言いたいことがうまく伝わるように、
聞きたいことが聞けるような手伝い程度かな。
大きい力にはなれないけれどできるといいかな。と思います。
やれる範囲でしかやれない。

確かに頼れるソーシャルワーカーが外にいれば心強いのですが、
今のところは病院として、やれるところを探ってみるという答えを
精神保健福祉士も先生側も思ったことなので、
ちょっと様子みてもらっていいですか?
それでまた外にそういう人が必要ということならまた考えましょう。





優しい言葉をかけてもらい
また、ではよろしくお願いします。とお願いしました。


こんな会社に入ってくれる病院あるのかなぁ・・・・


IMG_9706


皆からの助けをたくさんもらっています。


メッセージはこちら


ブログランキングに参加させていただいています♪



 

 






sakurasaku1009 at 18:00|PermalinkComments(0)通院記録