境界性人格障害

2019年07月13日

私の安全基地

私の安全基地はやはり病院と、尊敬する大好きな人です。

病院は、
こんなこと言ったら悲しんじゃうかな・・と思うこともあるけれど、
医師は話を聞くのも仕事だし
(共感することは本当にプロだと思う)
今のところ主治医の異動もないので、安全基地だと感じています。
それに、私の診察、私の為である診察時間、

「体調はどうですか?」

「しっかり眠れていますか?」


そんな質問で、私がまずは話していいという空気が流れます。

それが私には糸がきれるようなホッとする瞬間です。
いやいや、家族や友達がいるでしょう!!と突っ込みがきそうですが、
体調はどう?なんて家族が聞いてきたこともありません。
仕事で忙しい時に、どうですか?と聞かれるのは嬉しいですよね。




そして、もう一人・・。
今は一緒に仕事しているわけではないし、全然会えていないけれど、
大好きな人は私の心の支えです。
もう嫌だ!しんどい!と思うことは数えきれないくらいあるけれど、
死にたいなんて言ってしまったら、死ぬなんて叫ぼうとするなら
どれだけ悲しむかどれだけ裏切るかもわかっている。
それと同じくらい
どれだけ私のことを応援していてくれて、どれだけの時間を私に費やしてくれたかも
離れてみてからこそわかることもある。
頭の中で相手のことを想うと、
どんな自分でも応援してくれている。まだまだ頑張らなきゃいけないと思える。


頑張れないーーーーー‼って時もあるけれど。

家族のことを責めるのは簡単だし、
家族が安全基地となってくれたらどんなによかったのかな・・と思うけれど、
神様はちゃんと私に、代わりの人を与えてくれたと思います。



IMG_4444



天の川に‥見える!!


メッセージはこちら


ブログランキングに参加させていただいています♪



 

 





sakurasaku1009 at 18:00|PermalinkComments(0)

2019年07月11日

安全基地は心の中にあるもの

昨日の「安全基地」ですが、
絶対に見捨てられない、どのような時も味方になってくれるような存在を
大人になってからできることがあります。

どんなに小さい頃、家族がそんな存在だったらよかったことか・・
でもそれは悔やんでも仕方ないと思うので、
私はあまりそこにはこだわっていません。

安全基地の存在があると、
冒険をして外の世界に行った後、
失敗したとき、泣きたいときに、居場所になるんです。

そして、また心を落ち着かせた後に、
外の世界に戻れる。

そしてそれを繰り返していくうちに、
辛いことがあっても
その居場所を思いかえすだけで
心が落ちつき、前を向くことができるのです。


・・・ここまでいったら
もう普通の人と変わらないかもしれませんね。

私はここのレベルまでいっていませんが
辛いこととかあった時に、
死にたい!と思う時もあるけれど、

「それでもきっとあの人は応援してくれている」

と心の中で思うことができるんです。


その自信はどこからくるのかはわかりません。


人によってはかはいつも帰ると愛しているよといってくれるぬくもりであったり、
色んな事があったけれど見捨てられないんだ!という確信かもしれません。
診察で自分にかけてくれる時間が大切にされていると感じるのかもしれません。



それは人それぞれだと思いますが、
壁にぶつかった時も

「それでも私は愛されている」
「それでも私は応援されている」

と目を閉じれば相手の顔が出てくるものなんです。


そうすると自然ともう少し頑張ってみようかなと思ったりします。


私は最近、それをすごく感じています!


IMG_4503


ディズニーのイベントはじまった!


メッセージはこちら


ブログランキングに参加させていただいています♪



 

 









sakurasaku1009 at 18:00|PermalinkComments(0)

2019年07月10日

境界性パーソナリティー障害の治療に必要なこと⑤安全基地の存在に気付く

皆様、安全基地という言葉は聞いたことありますか。


子どもは
安心できる心のよりどころや環境があると、
外の世界を怖がらずに探索できます。
失敗して戻ってきたとき、落ち込んで帰ってきたときにも
「おかえり」
「今日もお疲れ様」
と暖かく喜んで迎えられる・・そう自分自身が確信することで
安心感が養われる場所です。
そして、また外の世界へ冒険しにいく。




本来であれば、
家族が!!!!
幼い子供に心地よい安定と環境を提供することが必要なんです。

子供は母親などの養育者を安全基地のように感じられると
好奇心は外の世界に向けられ、
外の世界を探検することができるようになります。



しかし、
この時、家族が不安定であったり、いなかったりすると、
子供は不安を感じるようになり、
発達的に悪い影響を受けやすくなります。




境界性パーソナリティー障害の方は
安全基地となるような家族はいたでしょうか?????


私にはいませんでした・・(断言)


でも、安心してください。


治療者や理解がある人が
安全基地の役割を果たすことができ、、
患者が安心や自信を身につけていくことを援助することによって、
心のよりどころとなる安全基地を築く手助けをすることができると考えられているんです。

これはイギリスの児童精神医学者である
ジョン・ボウルビィさんという方が提言しています。

この安全基地があると、
人間のパーソナリティーの発達に繋がると言われています。
もちろん家を提供できるわけではない。お金をくれるわけではない。


それでも、
安全基地の存在こそが
私自身に常に安心感を与えてくれ、
お金を稼ぐ、仕事をするという動機づけになるんです。



死にたいと思っても、
その場所にいけばすっと心が軽くなる。
そこには何の駆け引きもありません。


家族である場合は毎日その場所が当たり前のようにありますが、
子どもの頃、安全基地がなかった人もたくさんいます。




もし今ある方、
これから見つけることができた方、
その安全基地の場所は最初は何度も何度も訪れた方がいいです。
安全基地は
何かあっても、
自分がどんなに悪くても
成功と幸せと心の安定を願ってくれています。


それに気づくには何年もかかることでしょう。
でも、そこに気づけた時、
そこに訪れなくても、安全基地に帰らなくても、

「今・・辛いけど頑張ろう。」


と安全基地を思い返すだけで
心がふと軽くなり、また一歩を踏み出せるのです。



一番近い存在は
やはり主治医やカウンセラーの方なのかな?と思います。


IMG_4320



メッセージはこちら


ブログランキングに参加させていただいています♪



 

 




sakurasaku1009 at 18:00|PermalinkComments(2)

2019年07月06日

境界性パーソナリティー障害の治療に必要なこと④人から影響されない

リストカットや過量服薬、自殺企図って影響しますよね。
そんなつもりなくても他の人がやっていると一緒に辛くなってしまう。
他の人が死にたいというと死にたくなってしまう・・・等。

私はよく影響されていました。

色々な境界性パーソナリティー障害ブログを読むし、
皆が諦めないでほしい。完治ではなくてもいくらでも私みたいに働くことや
一人で美味しいもの食べたり、旅行したりできることができるし、よくなることを願っています。


境界性パーソナリティー障害の知識をつけることは大事。
勉強することも大事ですが、
同じ病気の人の考えのところに敢えて一緒にいなくてもいいんです。
それぞれの「今日のあったプチ幸せ」を見つけてほしい。
だから、死にたい!と思った時に、
同じような考えの人と距離が近くなったりするのは気をつけないといけません。
「あ、私も死にたい。」とホッとするでしょうが、
どうせならなぜ死にたいのか?と掘り下げるところまでしたいですよね。

私は
影響するのがわかっているので、
ほとんどリストカット、過量服薬を記事にすることにしても、
ちょっと冷静に(笑)後になってから黙々と記事にします。
辛いー死にたいーでブログ書いて、同じように周りに影響してほしくないから。
どうせなら、リストカットしたけれど、こうして乗り越えた!みたいな記事にしたいんです。


IMG_4098

少しでも皆が楽になりますように。



メッセージはこちら


ブログランキングに参加させていただいています♪



 

 










sakurasaku1009 at 18:00|PermalinkComments(2)

2019年07月03日

境界性パーソナリティー障害の治療に必要なこと③自分なりの勉強をする

目に見えない病気だからこそ、
自分でもかなり病気のことは勉強します。

今はインターネットで調べることができますが、
私の時はそこまでネットも普及していませんでした。
その為、ほとんどといっていいほど、
本で勉強しました。

それは、境界性パーソナリティー障害は、治るかどうかとういうよりかは
残念ながら「どう付き合うか」だと思います。

なのでまずはどのような状態になることがあるのかというのを
自分なりに勉強しました。

とはいえ、親と同居していたころは
図書館で読むのが限界でした。(家に置いといたら、病気は気から!と言われます)


20歳をすぎ、家をでた後、
ほとんどといっていいほど、境界性パーソナリティー障害の
本を買い占めました。

本を買い、勉強。
どんな症状があるのか学ぶ。
それにより、私はこういう病気なのよ!!理解してよ!!!!という勇気はありませんでした。


ですが、症状を学ぶ。
まずは診断された病気について、
正しい知識をつけるということが必要だと思います。


IMG_6255


メッセージはこちら


ブログランキングに参加させていただいています♪



 

 






sakurasaku1009 at 19:00|PermalinkComments(2)